自治労全国一般評議会 青年女性交流会

岡山自治労
自治労全国一般評議会は2015年3月14・15日の二日間、岡山市北区において「第12回青年女性交流会」を開催しました。

「青年女性部」運動に取り組んでいる、あるいはこれから取り組もうという全国の仲間が岡山に結集。

初日の記念講演では、沖縄平和運動センター事務局長の大城悟さん(自治労沖縄県本部副委員長)から「沖縄の基地問題と反戦平和について」と題し、「辺野古新基地阻止行動」など沖縄で今起きていることをナマの声として報告していただきました。

分散会では各グループに分かれ、「平和運動における労組の役割」「青年女性部運動の前進に向けて」などのテーマで活発な討議が成されました。

夕食懇親会では、各県の仲間同士「職場の現状」や「地域労働運動」について和気あいあいと交流がされました。

最終日には、各地方労組から「活動の報告」や「問題提起」がされたあと、「青年女性運動の前進に向けて」と題し、自治労全国一般評議会の種井一平・事務局次長、全国一般岡山地方労働組合の寺元博志・執行委員長、全国一般岡山地方労働組合青年女性部の宮原領平・部長によるシンポジウムを行い、「運動の重要性」「仲間の大切さ」などについて参加者一同再認識しました。

最後は、開催県岡山地方労組の宮原・青年女性部長の音頭で「2015春闘勝利」「統一自治体選挙闘争勝利」「辺野古新基地阻止」を誓い、全員の団結ガンバローで二日間の日程を締めくくりました。

LINEで送る